http://masumikagami.blog57.fc2.com/
糠漬けのお話
2018-01-09 Tue 13:24
糠漬けを食べたくて糠床を作ることにしました。
昨年の12月1日から作業を開始しました。
糠床が出来るまで約一ヶ月と考えていますので、正月には真清鏡光特製の糠漬けが食べられる予定です。
久松製常滑焼漬物甕
久松製常滑焼漬物甕
廃業して今は手に入り難くなった久松製の常滑焼の甕を入手しました。
茶色の甕が欲しかったのですが既に久松製は手に入らず、蓋も常滑焼では無く檜で作られています。
これはこれで趣があっていいかと思っています。
米糠
米糠
地元の米屋に糠を買いに行ったのですが2Kgと言っているのに値段は一緒だからと米袋を手渡されました。
50円。
こんなにもどうすんだよ!
仕方が無いので今回の糠漬け用と、今後足し糠にする分を保存容器に分けておきました。
が、まだ余ってます…。
風味素材
風味素材
捨て漬け野菜
捨て漬け野菜
自然塩を水で練り上げ、風味素材と捨て漬け野菜を漬け込みました。
風味素材には昆布、鰹節、椎茸、煮干し、唐辛子を使っています。
時期が来たら山椒を加えようと思っています。
ゆくゆくは祖父が毎年漬けていた干し大根の漬物の味を復活させて継承したいと考えています。
そうそう…。
糠に素材を混ぜ合わせるのはチヌ(黒鯛)釣りの撒き餌造りで慣れています。
久し振りだな…(遠い目)
糠床を作るのは魚を飼育し始める時の水作りを彷彿させます。
話が濃い人向け過ぎて伝わらないか…  (^^;
関連記事
別窓 | 食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 
本宮山砥鹿神社奥宮宝印祭
2018-01-07 Sun 14:42
正月六日に三河國一之宮本宮山砥鹿神社奥宮境内見殿神社で宝印祭が執り行われます。
本年も参列して御宝印を授かりました。
本宮山砥鹿神社奥宮宝印祭 1
宝印祭
本宮山砥鹿神社奥宮宝印祭 2
守見殿神社
本宮山砥鹿神社奥宮は大己貴命を祀っています。
守見殿神社は大己貴命の和御霊が祀られています。
本宮山砥鹿神社奥宮宝印祭 3
秘伝の御宝印
参列者の額にも御宝印を押して頂いて神事が終わります。
詳細はblog真清鏡光 平成28年1月9日 宝印祭 をご参照下さい。
本宮山砥鹿神社奥宮 魔除け鈴
本宮山魔除け鈴
本当は毎年参列したいのですが、宝印祭は今回で2回目です。
今回は何があっても参列することに決めていました。
年末に神棚を掃除していたら十数年前に砥鹿神社奥宮で戴いた本宮山魔除け鈴が割れました。
あり得ない…。
今回、何かの魔から身代わりに護って頂いたのに違いありません。
心より感謝の想いを音霊に宣り、新たに魔除け鈴を授かって参りました。

久し振りの穂の国で本宮の湯にゆっくり浸かって帰宅しました。

関連記事
別窓 | 古代の息吹 遺跡・神社巡行 | コメント:0 | トラックバック:0 
氏神さまのお札改め
2018-01-05 Fri 13:08
私は名古屋市の出身ですが津島市に来て今年で27年になります。
氏神さまは須佐之男尊を祀る午頭天皇総社の津島神社です。
津島神社荒祭社
津島神社荒御霊社
津島神社お札
津島神社神札
津島神社荒御霊社に神札を立て音霊神事を執り行ってきました。
櫛稲田比売を祀る稲田社にも音霊を宣り、神宮寺にある泉龍神にご挨拶して参拝を終えました。

関連記事
別窓 | 古代の息吹 遺跡・神社巡行 | コメント:0 | トラックバック:0 
BACK | blog真清鏡光 | NEXT