http://masumikagami.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
十二神将に尋ねる
2011-12-03 Sat 07:41
ある占題を解決するために六任神課占を建てました。
日本の神様札で既に結論が出ているので、他の角度からの情報を知るためです。
六任神課占は、占題に付随する様々な事象を暗示することがあります。
この占術のもうひとつの特徴で、惹きつけられる魅力と言えるかも知れません。
それを細かく読み取るのが、占術を建てる側の力と言えます。
六任神課占は、卜占に類するものですが、正確には占術です。
十二神将や六親星と十干十二支で占題について、吉凶の判断を伺います。
神々や眷属を駆使するため、占いを依頼する側にも明確な意志と覚悟が必要です。
真清鏡壬の施術する占いではありますが、慎重を期し、無闇にやるものではありません。

さて、今回の占題に対する結論は、日本の神様札と全く同じでした。
これに関しては、結果の裏付け保証をされました。

そして、それに付随する事象をひとつひとつ拾い出し、ご依頼者にお伝えしました。
詳細を公表するわけにはいきませんが、式盤から四つの事柄について特徴的な事象を読み取りました。
翌日。
その全てが明らかになりました。
恐ろしいほど的中する六任神課占の本領を発揮し、その真価をまざまざと顕現してくれました。
ドラゴンの御護り
馬蹄とドラゴンの御護り
そのひとつがこれです。
「奇っ怪で説明できないことが起こります…」
たぶんに抽象的な表現でしたが、まさに六任神課の占い結果を伝えた当日の夜、この御護りが見つかったと連絡を受けました。
なんとこのドラゴンの御護りは、消えたとしか思えない状態で手元から無くなり、半年が過ぎていました。
失った当時、ご自分が関わったあらゆる場所を徹底的に探したそうです。
結局、見つからず、諦めていたものだそうです。
それが、誰もが目にする窓際に丁寧に無傷で置かれていたそうです。
六任神課占からの啓示の一つ、「奇っ怪で説明できないことが起こる…」って、これに違いない!って、興奮気味にご報告にいらっしゃいました。
失った大切なもののことを諦めていたので、その喜びは相当なものだったようです。
良かった、私も嬉しいです。
誰かが見つけて窓際に置いたにしては、あまりにも不自然な状態だったと。
時間が経ちすぎているし、その場所は毎日、誰もが見る場所だし。
その他の三つの啓示も、次々と明るみなりました。

六任神課占は、諸葛孔明や安倍晴明が駆使した占術だと言われています。
まね事でできる様な代物ではないのですが、その魅力にますます憧れていたりします。
真清鏡壬の占術へ立ち位置や姿勢は、闇雲に的中率を求めるのではなく、ご依頼者の将来へのご指南や、今後の物事への対処法のご提案に重点を置いております。
それは今後も変わることはありません。
笑いが福を呼ぶ真清鏡壬の手相や深遠なる日の本の神々の札で現状を知り、故きを温ねる神社のご案内をして参ります。

このブログの左側にある「電子郵便」からメールが送信できる様にしました。
是非、ご利用下さいませ。

ご連絡お待ち申し上げます。

スポンサーサイト
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:2 | トラックバック:0 
積み重ね
2010-01-14 Thu 23:55
六壬神課の式盤をとくと眺め、その意味する所を酌み取ろうと意識を集中させています。
表面的には、随分と支離滅裂な啓示に思えても、顕れた象意が繋がってくると、深く考えさせられるものがあります。
その奥の深さに六壬の真髄の一端を垣間見る気がします。
まだまだ諸端ではありますが、淡々と建て続け、実践を重ねています。
今後の動向や結果が気になる所です。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
刺激
2010-01-11 Mon 23:27
卜占(ぼくせん)。
占術として六壬神課占を使っています。
古代の叡智が込められています。
全てを解釈し、ものにすることには拘りませんが、基本は忠実に取り入れようと日々研鑽しています。
私の直感を刺激するものであることは間違いありません。
その出逢いが嬉しかったりします。
真清鏡に音霊と御護りや護符に六壬神課占が加わりました。
精度を上げ、自分の物として使いこなす為に、実践を繰り返しています。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
2回目の講義
2009-12-24 Thu 23:22
無理を言って、今日、時間を作って頂きました。
本題は、私が前回から20日間の間に立てた式盤を元に進めていきました。
何故か、重たく、判断の難しい占題が多い…。
それぞれに個々の式盤の異様さが、際立っていました。
はぁ…。
真清鏡として捉えれば、結論も対処法も出せますが、六壬神課のみに絞って解きほぐすことに専念しました。
私には、まだまだ、おぼつかない部分が多々ありますが、私の元に出された占題は、私を選んできたと言われました。
なるほど。
それならば、一刻も早く六壬を自分のものにしないと。
六壬は占いに分類されてはいますが、恐ろしいほど完全なる天からの術です。
真清鏡として使いこなすまで、この切っ掛けを最大限に拡大して深めていきます。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
型紙
2009-12-15 Tue 23:33
式盤の型紙を作っていました。
何度も、改良を重ねて、既に、Ver.5を数えています。
色々考えてみました。
素速く正確な式盤ができることが目的です。
当面は、これで実践します。
試作の型紙が、溜まっています。
これも直ぐに使ってしまうでしょうけど。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
幾つかの選択支
2009-12-13 Sun 23:11
場数を踏むために式盤を作ってはお伝えしています。
お伝えする内容も、選択支に迷います。
選択を絞るために立てる占術に選択支が…。
ひとつひとつ実践で確かめながらやっていきます。

想いが詰まって信念になりつつあります。
絶対、ものにしてみせると。
最終地点はありません。
やり続けるのみです。
楽しいから大丈夫です。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
予想外…
2009-12-11 Fri 23:00
まだまだ、六壬の理論的な部分に意識が行ってしまいます。
いくつかの占題が思いも拠らず重く、いきなりこれですか?と戸惑いながら…。
「解決できない人にその占題は来ません」と言われ、真清鏡としての能力を駆使して直感を研ぎ澄ませています。
恐ろしいほどの的中率です。
でも、私はそこに重きを置いていません。
どうするか?どう生きるか?なのです。
真清鏡の主題は不変です。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
十二の神々
2009-12-10 Thu 23:31
夕暮れの宮で音霊を宣ってきました。
久し振りに訪れた宮は、いつもの様に悠然と静かに佇み、音霊の力を受け止めてくれました。
必要なものが揃いました。
私のために労を惜しまず足を運び、色を決め、手渡して戴きました。
感謝しています。
静寂な宮で浄化し、それに音霊を宣って御護りにしました。
始まりの儀式を宮の杜で執り行いました。
充実した内容の濃い一日でした。
今日は、将来の要になります。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
解読
2009-12-09 Wed 23:48
ちょっとだけ、ほんの少し、前に進んだ気がします。
式盤を作ってから、そう解読するかは、占者側の資質に委ねられています。
それを痛感します。
真清鏡とは勝手の違うもので、同じ結果が出ています。
嬉しい…。
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
夢中
2009-12-08 Tue 23:45
連続して式盤を作っています。
拙い手取りで時間が掛かります。
式盤を工夫して作製時間が短くなる様に工夫しています。
夜更かしして…。
夢中になれる時が幸せです!
別窓 | .占い 六壬神課占 | コメント:0 | トラックバック:0 
| blog真清鏡光 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。