http://masumikagami.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
記事分類
2012-12-13 Thu 00:00
真清鏡光の主題は「霊留の意識」(ひとのいしき)です。
今の今中をどう生きるか…。
古代から伝わる音霊の響きもご依頼者の霊(たましい)を鎮めるために宣ります。
ご覧になる方々によっては、音や文章からだけではなく、視覚的なものに気持ちの切り替えの切っ掛けになるかものもあるかと、記事の中に真清鏡光が撮った画像を載せて参りました。
ご好評を戴いて嬉しい限りです。
ありがとうございます。
記事を重ねるにつれ、量が多くなったので左側にある「記事分類」を少し手直しして細かくしました。
生き物や風景の写真を分類して纏めてみました。
項目に「+」があるものは、左クリックすると展開して小分類された項目が出ます。
ご鑑賞くださいませ。
「魚と戯れる」とか「Gundam」とか「iPhone」とかありますが、その辺りは私の個人的な趣味なので素通りしてください(爆)

お決まり事では御座いますが、「blog真清鏡光」に掲載されている文章、画像、音声、動画などを含む全ての著作物の無断引用・転載・改変・盗作はご遠慮ください。

真清の鏡
真清鏡光
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
真清鏡光
2012-05-02 Wed 00:00
真清の鏡 300


     ま    すみ   か が み
  真   清   鏡  光

「真清鏡壬」から「真清鏡光」に表記を改めます。
「壬」から「光」へ。
真清の(みず)から、鏡の(ひかり)へ。
音霊は(ますみかがみ)のままです。
私は、音霊の療法士なので音には拘りがあります。
表記も、余程の事がない限り変更しません。
元々、「真清鏡」で十年程やっておりましたし、そのまま続けるつもりでした。
故あって、姓名判断的な意味合いで「壬」の字を足した方が良いと言われ、そのご厚意に敬意を表して「真清鏡壬」を(ますみかがみ)と読ませておりました。
さしたる特別な事もなく時は過ぎてゆきました。
それならば、再度、自ら名付けた表記である「真清鏡」に戻すことを考えておりました。
自然に(ますみかがみ)と読めることが最重要なのです。

ただ、今回は、気になる閃きがありました。
真清鏡に戻すより、更なる発展を意宣れと。
自らの直感を信じて生きています。
信頼している命名師にご相談し、深いお知恵を授かりました。

「壬」から「光」へ。
真清鏡光(ますみかがみ)は、進化しました。
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
真清鏡壬
2012-01-01 Sun 01:00
真清の鏡 300

真清鏡壬(ますみかがみ)の真清(ますみ)です。
平成24年の元旦を迎え、新しき年の初まりに、真清鏡壬(ますみかがみ)と縁深きご依頼者様との出逢いに思いを馳せ、その時を心よりお待ち申しあげております。

真清鏡壬(ますみかがみ)は十数年前に、心と体を最適な状態にお世話をすることを目的に活動を始めました。
心と体のCare
ヒーラー
治癒師
呼び方は何でもいいのです。
日本語に該当する概念の言葉が乏しく、無闇に氾濫するカタカナ語も好きではないので、未だに呼び方に戸惑っていたりします。

心と体の療法士
音霊療法士

今、この呼び名が気に入っています。
音霊治癒(おとたまちゆ)は、古代の霊(たましい)の療法です。
幼き頃から、響き渡る音を探求して辿り着いた音霊での治癒法です。
古代の研究をするとともに、自己の音霊での研鑽と実践を重ねてきました。
社会や他人との関係で思い悩み、体調を崩される方への真清鏡壬からの解決策のひとつです。

古代史講座や神社や遺跡の巡行を皆様にご案内しているのも、雄大な時の流れにある現在の自分と自然との接点を見つけて頂きたいからです。
神社や遺跡で、真清鏡壬が宣る古代の音霊をご自身のお体で感じて下さいませ。
霊感とか言われるのは、ちょっと戸惑いがあります。
でも、分かり易く言えば、間違いなく私は直感系です。
人の意識を感じ取ってしまったり、見通したり…。
霊感という言葉は、個々の方々の思い描かれるものが違って説明が面倒なので、敢えて避けています。
でも、ちょっと伝えたいことがあったりするので…。
最近、控えめに、既に言い古されて便利な「ニュータイプ」という呼び方を使わせて貰っています。
ファーストガンダム世代なので…(爆)

笑いが福を呼ぶ ニュータイプな鑑定士の手相占い

真清鏡壬の活動に占いを導入したのは、ご依頼者がご自分の内面をお話ししやすくするひとつの方法でもあると考えたからです。
ちゃんと手相の基本的な見識は持っております(爆)
そして、ちょっとニュータイプな能力を発揮させて鑑定しちゃいます(激爆)
真清鏡壬の鑑定中に、涙を流される方もお見えになりますが、どんどん心を洗って下さいませ。
そして、真清鏡壬の笑いに微笑んで頂ければそれだけでも心が軽くなりますよ。
お試し下さいませ。

もうひとつの日本の神様札も、古代を探求し、古代の音霊療法を駆使する真清鏡壬は最適な神様札占いなのでございます。
守護神をみたり、その時にお守り戴ける神々をお示し致します。

拠って、心と体の療法士 真清鏡壬は、音霊治癒も古代史講座や巡行も占いも全て、ご依頼者の心と体を健全な状態にするための道具としてお役に立てれば本望でございます。
お逢いできるのを楽しみにしております。

真清鏡壬では、ご依頼者様のご都合に合わせ、お近くにお伺いしての個人鑑定や施術を中心に活動しております。
ご依頼者様と時間や場所を調整の上、カフェ、サロンなどで行っております。
ご予約を頂ければ、愛知県一宮市のアンジェロでの鑑定もしております。
また、イベント出演なども行っております。
お気軽にご連絡くださいませ。
尚、個別の施術や鑑定の予定は、blogには載せておりません。
お手数ですが、直接お問い合わせくださいませ。
PCでこのブログをご覧の方は、左側の「電子郵便」からメールでの受け付けを行っております。
その他にも、このブログのコメント欄の「管理者だけに閲覧」にチェックを入れて、ご連絡先を教えて頂ければ、非公開で真清鏡壬と連絡が取れます。
ご依頼者から教えて戴いた方法で、こちらからご連絡いたします。
尚、ご依頼者様のお近くまでお伺いすることは構いませんが、移動時間や距離により交通費は別途実費となることがありますのでご了承ください。
真清鏡壬は、心と体の平穏にお役に立てることを願っています。
皆様方にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

【真清鏡壬の施術と占術】
音霊治癒の施術
古代史講座
神社・遺跡の巡行

人気の笑いが福を呼ぶ!
ニュータイプな鑑定士の手相
守護神に訊く 日本の神様札占い

開運方位術
名刺相
姓名判断
六任神課占



別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
電子郵便
2011-12-02 Fri 00:25
このブログの左側に「電子郵便」と題してメールフォームを設置しました。
このブログから、PCへメール送信ができる様に再度設置致しました。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

確認を押下すると、 認証画面になります。
画面から認証番号を入力して送信して下さい。

私が、メールフォームの設置を躊躇していたのは、それぞれがお使いになっているメールの送受信ソフトのスパムメール対策でメールが弾かれたりして、行き違いになり連絡が取れない場面を何度となく経験しているからです。
そこに誤解が生まれ、嫌な想いを何度もしてきました。
特に、これらの件にお詳しくない方に無用な負担やご心配をお掛けすることに未だに戸惑いがあります。

真清鏡壬では、スパム対策をしながら受信できる対策をしてあります。
フリーメールでもお受けできます。
真清鏡壬側の送受信環境は整っています。
私も、その類の仕事を長年やって来たので大丈夫です。

一番懸念しているのは、ご依頼者側のメールソフトが真清鏡壬からのメールをスパムとして弾いてしまう時の対処の方法です。
その時にどうするか?
この場合、ご依頼者様のお使いのメールソフトのごみ箱か、スパムメール退避フォルダなど個別に探す必要があります。
更に、今後は安全なメールとして受け取るという設定が必要になります。
※お使いのPCの環境によって違います。
※真清鏡壬ではご依頼者側のPC環境についてはサポート致しかねます。
もし、真清鏡壬宛に「電子郵便」からメールを送られても返信がなく、時間的に行き違いが発生していることが疑われる場合は、ご連絡を頂くようお願い申し上げます。
その場合は、このブログのコメント欄を利用し、「管理者だけに閲覧」にチェックしてご連絡下さいませ。
また、状況によっては、ご連絡の受信はできていても、何らかの都合で私が返信できずにいることがあります。

PCメールで連絡が取れる様になれば嬉しいです。
是非、ご活用下さいませ。
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
■■■■■■■■■■■■
2011-09-02 Fri 12:00
※現在、カテゴリにこの項目は表示されていません。
※以下の記事だけは残してあります。

こんにちは、真清鏡光の真清です。
今、あなたは、blog真清鏡光の記事分類の「■■■■■■■■■■■■」をクリックされました。
申し訳御座いません。
この「■」の列は、真清鏡光の「施術と鑑定の日程」の項目を見つけ易くする為に施した苦肉の策で御座います。
ブログの構成上、何らかの記事が必要なのでこの記事を書いてみました(爆)
お手数ですが、下記のリンクから真清鏡光の施術と鑑定の日程をご確認戴くか、再度、記事分類から該当する項目の記事をお探し下さいませ。

真清の鏡 300 png 背景黒

真清鏡光の施術と鑑定の日程

※クリックすると真清鏡壬の施術と鑑定の日程に飛びます

真清鏡光では、個人鑑定や音霊での施術を中心に活動しております。
占術、方位術、護符、古代史講座、占術教室などは、ご依頼者様と時間や場所を調整の上で行っております。
個別の施術や鑑定は、今の所、予定には載せておりませんので、電話などで直接お問い合わせくださいませ。

真清鏡光へのご連絡は、このブログの左側にあるメールフォームからメール送信できます。
もうひとつの方法は、コメント欄の「管理者だけに閲覧」にチェックを入れて、ご連絡先を教えて頂ければ、非公開で真清鏡光と連絡が取れます。
教えて戴いた方法で、こちらからご連絡いたします。
尚、ご依頼者様のお近くまでお伺いすることは構いませんが、交通費は別途実費となります。
真清鏡光は、心と体の平穏にお役に立てることを願っています。
皆様方にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

【真清鏡光の施術と占術】
音霊治癒の施術
古代史講座
神社・遺跡の巡行

手相
日の本の神札占い
開運方位術
名刺相
姓名判断
六任神課占

別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
真清鏡壬のご紹介
2011-09-01 Thu 12:01
真清鏡壬の音霊で人の心を癒やし、躰を正常な状態に戻すことが真清鏡壬の想いと活動の全てです。
真清鏡壬を始めてから、十数年が経ちました。
数年前までは、ほとんどお金も取らず、修練として自分を研鑽することに務めてきました。

平成23年8月より、「真清鏡」から「真清鏡壬」と表記を変更し、専任で活動することを決意しました。
それに伴い、真清鏡壬が提供する施術、式占、御護り、古代史などの項目を熟慮し纏めました。
今後は、このblog真清鏡壬で、今後の予定のご案内やご報告などを載せて参ります。

真清鏡壬の活動内容を明確にカテゴリ分けし、みなさまにお伝えできるように工夫致しました。
どうか、真清鏡壬の活動をご理解戴くために、このblog真清鏡壬をご利用くださいませ。

【音霊治癒】(おとたまちゆ)
お体に手を当て、音霊(おとたま)と言霊(ことたま)を宣り、源初の波動を心身に通し、体を元の状態になるよう促すものです。
音霊を使った気功と思って頂いたら近いかも知れません。
真清鏡壬がもっとも得意とする日本古代から伝わる音霊を駆使して心身への施術を致します。
自然治癒力の回復と増強を促します。

【古代史講座と神社巡行】
縄文の意識に憧れ、数十年の調査と研究を重ね続けています。
その過程で、明らかになったことを易しく平易な言葉でお話し致します。
その実践研修として神社や遺跡などへご案内し、講座内容を体験して戴くのが神社巡行です。
この国の人々が培ってきた歴史をご自分の肌で感じ、古代への意識を広げてくださいませ。

【式占と占い】
真清鏡壬では、現状の解決や将来への指針に占いを立てます。

「日の元の神札占」
真清鏡壬が一押しの日本の神様でのカード占いです。
西洋の神様占いのタロットを日本の神様占いにしたものと考えて戴ければ解りやすいかも知れません。
長年、古代史研究のために神社を渡り歩き、日本の八百万の神の御神徳やお力を身に染みて感じ取ってきた私には、とても自然に強烈に明確にその指針を下して頂けます。
是非、一度、「日の元の神札占」をご体験ください。

「手相」
手相が、過去から現状を分析し、将来の指針を立てるのには一番知られた方法です。
手相は、その時の状態を表し、常に変化し続けます。
つまり、結果は、ご本人様次第でもあります。

「六任神課占」
時刻を元に天文と干支術を組み合わせた式盤を使った卜占です。
元々は政治や軍事に使われていました。
約二千年年前の中国で成立した占術で一説には、諸葛孔明も六任神課の達人だったと云われています。
日本では飛鳥時代に伝わり、安倍晴明を始め陰陽師が使ったとされています。
少し重めの吉凶の判断になりますが、二者択一で悩んだ時の方向を示します。

【開運方位術】
方位術は政と戦いの術として使われてきた経緯があります。
吉方位をとり、凶方位を避けるのを基本としておりました。
現在では、様々な方位術が公開され使われております。
真清鏡壬が提供する方位術は、現在まで秘術とされ非公開で、まだ日本では少数の方々にしか伝わっておりません。
実績は、実体験を含め確認済みです。
開運方位術として是非、お試し下さい。

【御護り】
「神代文字の護符」
真清鏡壬の活動当初から、神代文字での護符を謹製させて頂いておりました。
真清鏡壬の護符や霊符は、強力な守護と開運を持ちます。

「石の御護り」
音霊とお持ちになる方の魂の波動を同期させ、その方への御護りを石の力に託し作製したものです。
腕輪にしたものと麻紐で繋いだものを作製しております。
完全に唯一無比のその方の御護りです。
石の選定、浄化、作製、御護りの音霊宣りまで、お作りさせて頂くのに期間が必要です。
予めご了承下さい。

blog真清鏡壬では、活動項目や施術、製作などを、上記の分類にしました。
是非、ご参考になさってくださいませ。
真清鏡壬へのご質問、ご連絡、お申し込みは、このブログのコメント欄をご利用ください。
「管理者だけ閲覧」にチェックを入れてメールアドレスか連絡先を教えて頂ければご返信致します。
よろしくお願い申し上げます。
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 
blog真清鏡壬
2008-10-15 Wed 23:55
私の名は、真清(ますみ)です。
尾張國一宮の真清田神社の真清を頂いています。
神社に縁を持ち、由緒を掘り下げていくうちに、古の神々や隠された歴史に興味を持ち現在も研究を重ねています。
本当の歴史を知りたい。
縄文の息吹を感じたい。
そんな動機から、古社や遺跡を訪ね歩いています。
十数年前に音霊(おとたま)、言霊(ことたま)に触れる機会がありました。
幼少の頃から、自分の内に感じ、響いていたものが、そこにあるかも知れない…。
その直感に従い、音出しから、呼吸、鎮魂、意宣りと音霊の研鑽に精進してきました。
音霊の力で人のお役に立ちたいと真清鏡壬(ますみかがみ)の活動を開始しました。
真清鏡壬(ますみかがみ)は、音霊を宣り、人の心を癒やし、身体の自然治癒力を高めます。
音霊宣りは、真清鏡壬(ますみかがみ)の一生涯の仕事です。

blog真清鏡壬を始めることにしました。
真清鏡壬の活動をここに載せていきます。

真清鏡壬

音霊治癒(おとたまちゆ) :音霊を使った気功です。
古代史講座 :隠され消された縄文の息吹を語ります。
古代巡行 :神代の神社や遺跡をご案内します。
護符 :音霊で意宣った神代文字の護符です。
御護りと護符 :音霊で意宣りを掛けた貴石の御護りです。

手相 :いわゆる手相です。
日の元の神様札占 :日本の尊い神様が貴方を占い導きます。
開運方位術 :秘儀とされている方位術で開運を施術します。
六任神課占 :諸葛孔明が使った式占。日本では陰陽道で使われてました。
(平成23年9月1日現在)

このblog真清鏡壬にカテゴリで分類して記事にします。
ご参考になさってください。
お申し込み、ご連絡、ご質問は、このブログのコメント欄をご利用ください。
「管理者だけ閲覧」にチェックを入れてMail addressなどを教えて頂ければご返信致します。

※blog真清鏡壬に掲載されている文章、画像、音声、動画などを含む全ての著作物の無断引用・転載・改変・盗作を禁じます。
別窓 | はじめに  
| blog真清鏡光 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。